【アメコミ翻訳】THE NEW 52!バットマン:梟の法廷【超オススメ】

アメコミ

私は以前の記事【初心者でも楽しめる】アメコミ翻訳本‼最初の一冊オススメはこれだ‼【MARVEL、DCどんと来いっ】という記事にてTHE NEW 52!シリーズのバットマンはアメコミビギナー向けだけど、キャラクターが多くて難しい部分もありますと紹介いたしました。確かにバットマンのアメコミ初見ではそう感じると思いますが、楽しめる部分も本当に多いので今回は改めてその魅力をご紹介していきたいと思います。是非とも参考にしていただけると嬉しいです。

どうして梟の法廷がビギナー向けと言われているのか

歴史の長いDCコミックス、バットマンシリーズでございますので、全ての物語を把握するのは難しいです。そこでDCコミックスは2011年に大型リランチ(再出発)をさせてTHE NEW 52!をスタート。つまり物語の大まかな設定(ストーリーや人間関係)はそのままに物語を1から出発させたのです。梟の法廷はTHE NEW 52!シリーズのバットマン一作目となるわけなので、初めてバットマンシリーズのアメコミを見るビギナーの方でも楽しめる‼と言う訳なんですね。私はバットマンのアニメや映画を昔から見ていて、何となく設定等は把握していたので、すんなりと物語に入りこむ事ができました。

 

梟の法廷の大まかなあらすじ

ある日ゴッサムで殺人事件が起こります。現場に駆けつけたバットマンは「ブルース・ウェインは明日死亡する」という不穏なメッセージを目にします。その予言どおり、ブルース・ウェインは暗殺者に命を狙われる。さらに謎の組織“梟の法廷”の罠にはまり、迷宮に閉じ込められてしまうのだが…。はたして、バットマンはこの謎が解けるのだろうか? ナイトウィング、ティム・ドレイク、バットマンの息子ダミアンなどバットファミリーが総出演する本作は、リニューアル第一号にふさわしい作品。※Amazonより抜粋

スポンサーリンク

アメコミならではの魅力が沢山

バットマン梟の法廷シリーズは①梟の法廷②梟の街③梟の夜の三冊から成り立っています。メインの物語は②の梟の街の途中で完結しますが、残りはクロスオーバー作品(サイドストーリー集)となっております。サイドストーリーとはメインストーリーを補足する、またこの時彼はこんな敵と戦っていた…などのお話しが楽しめます。メインストーリーに色々な絡み方をしてくるので、読んでいてとっても楽しくてワクワクします。クロスオーバーはアメコミの醍醐味の一つです。また私の大好きなグレッグ・カプロの繊細で大迫力なアートを楽しめるのも大きなポイント。この方のアートは本当に素敵です。

 

大満足なボリューム

さて今回のアメコミ翻訳バットマン梟の法廷のご紹介は如何でしたでしょうか?読んでいただけると分ると思うのですが、大満足なボリュームとなっております。ボリュームと言ってもページ数等の事ではなくて内容の事であり、3冊読み終えた後に一本の壮大な映画を見終えたかのような満足感を得られるはずです。そうアメコミは漫画を読み終えたというよりも、映画を見終えた後の感覚に似ているように思います。それだけに気軽に読む事はできないかもしれません。時間がある時にじっくりゆっくり楽しんでくださいね。それでは本日はこの辺で。

次の記事はジョーカーが活躍するバットマン喪われた絆の紹介→【アメコミ翻訳】THE NEW 52!バットマン:喪われた絆【ジョーカーの狂気が炸裂】

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました