タイの王宮周辺の3大寺院その①【ワット・プラケオ&王宮】の魅力

旅行

さて本日よりタイの観光スポットや寺院の魅力を一箇所づつゆっくりとマイペースにご紹介していきたいと思います♪これからタイ旅行へ行かれる方の参考になれば何よりです。第一回目の本日はワット・プラケオと王宮をセットでご紹介したいと思います。アクセスとしてはBTSサバーンタクシン駅から徒歩すぐのサトーン船着き場から船に乗って行く方法かバンコク駅付近からタクシーやトゥクトゥクに乗っていくのがおススメです。ちなみにワットとはタイ、ラオスにおける『寺院』を意味する言葉です。

広い敷地内に壮麗な宮殿や建造物が建ち並んでいる

ワット・プラケオはラマ1世が1782年に居住として築いた王宮を守護する寺院として建てられました。本堂には翡翠で造られたエメラルド仏を祭る事から『エメラルド寺院』とも呼ばれています。上の写真の仏塔は同じものが8つ建っているのですがブッダが亡くなり荼毘に付された時にその遺骨を8つの部族に分配された事に由来するそうです。綺麗な装飾がされていてとっても見ごたえがありますよっ‼

↑こちらの仏塔はプラ・スワナ・チェディと呼ばれていて寺院内でも最も古い建造物。ラマ1世が両親に捧げる為に建造したのだそうです。


↑青と白と黄色を基調としたガンダーラ堂はモザイクタイルでとっても綺麗ですっ。小さい建造物も魅力的です。

↑ラマ1世~8世まで歴代の国王の像を安置している王室専用の御堂です。内部が非公開なのがとっても残念。

↑アユタヤにあるワット・プラ・シー・サンペットを真似てラマ4世が建てたもので内部には釈迦の遺骨が納められている。

スポンサーリンク

↑カンボジアのアンコール・ワットに感銘を受けたラマ4世が作らせたアンコール・ワットの模型。かなり精密に作られている。

↑ワット・プラケオを取り囲む屋根付きの回廊には壁画があり、細部にまでわたり丁寧に神話が描かれている。


動画でも魅力を紹介

タイ【バンコク観光】王宮と三大寺院を巡る‼煌びやかで迫力のある装飾は圧巻の一言‼

王室も一緒に見学できるのも魅力的


先にお伝えした通りワット・プラケオは王室寺院となっているので同じ敷地内には王室があります。上の写真はチャックリー宮殿と呼ばれている宮殿です。内部は見学不可となっておりますが外観を見るだけでも壮大で素敵ですよ。タイの方々は王室や寺院をとっても敬い大切にしております。日本のお寺とは違って煌びやかで派手な装飾が施されているのがとっても印象的ですね。観光する時の注意点なのですが肌の露出が激しい服装やスカート、短パンはNGです。それから一番気を付けていただきたいのは、女性が僧侶に触れる事です。女性に触れられると今までの何年もの修行が無かった事になり、また最初から修行をしなおす事になるんだとか…恐ろしいですね。ルールを守って楽しい観光をっ‼

タイ【バンコク旅行】歴史的な寺院や遺跡を巡り激安美食グルメを楽しむAmazingな旅‼

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました