タイの王宮周辺の3大寺院その②【暁の寺ワット・アルン】の魅力

旅行


皆さん今晩は。本日は王宮周辺寺院の第二弾!!ワット・アルンの魅力をご紹介したいと思います。ワット・アルンは高さ67mありチャオプラヤー川をはさんで佇むその姿はバンコクの象徴する景色の一つとなっております。タイへ行った事がない方でも写真等で見たことがある方も多いのではないでしょうか?実際に行ってみて傍で見てみると、凄く壮大で装飾も綺麗でとっても綺麗でした。王宮周辺を散策する際は是非立ち寄ってみてくださいね。

アクセスは渡し舟を利用します。

ワット・アルンはワット・プラケオから行く場合チャオプラヤー川を挟んで反対側に位置しているので船に乗って向かいます。船の乗り場はタイ・ワン通りと言う名前の通りの突き当りにあり、ター・ティアン船着き場と呼ばれています。乗船料は4バーツ(1バーツ=約3.5円)となっており10分~15分間隔で運行しております。私のワンポイントアドバイスなのですが王宮周辺にはコンビニ等がありません。しかしここタイ・ワン通りにはオシャレなカフェがございますので是非ここで一休みしてください。エアコンも効いているのでとっても涼しいですよ。タイは暑いので水分補給はとっても大切です。

船を降りるとワット・アルンはもう目の前

小話となってしまうのですが船を降りるとすぐにタイパンツを売っているお土産屋さんがあるのですが、ここのタイパンツの価格は他のお店と比べて一番安かったです(すみません具体的な値段は忘れました)他にもワット・アルン周辺にはお土産屋さんが沢山あり見て周るのも楽しいですよ。しかしバンコク全土で見かける土産物のほとんどはMBKセンターと言うショッピングセンターで売っているので買い忘れてしまっても安心してくださいね。話がそれてしまいましたが…3分の乗船を終えて船を降りるとワット・アルンはもう目の前。拝観料は50バーツです。

遠目では分からない細かい装飾が美しい

スポンサーリンク

ワット・アルンの大仏塔は先ほどもお伝えした通り67mあり、周りを4基の小仏塔で囲んでおります。大仏塔も小仏塔もとっても色鮮やかな陶器片のモザイクで飾られていて見ていて飽きません。大仏塔の建造には5年かかったと言われていて塔の上部には3つの頭を持ったエラワン(象神)に乗ったインドラ神の像やシヴァ神を示す印もありヒンドゥー教の影響を垣間見る事もできます。遠目から見ただけではわかりませんが近くでみると細かな装飾がとっても綺麗なのでゆっくり見学して自分だけの発見をしてみてくださいねっ。

動画でも魅力をお届け

タイ【バンコク観光】王宮と三大寺院を巡る‼煌びやかで迫力のある装飾は圧巻の一言‼

バンコクを代表するアイコン的寺院

私はチャオプラヤー川沿いにライトアップされたワット・アルンの写真を見た時にタイに行った際には絶対に訪れてみたいなと思っていました。やはり憧れていた場所に実際に行けるのはとっても嬉しいものですね。拝観時間の関係で昼間の観光となってしまいましたが本当は夕暮れ時に対岸からのワット・アルンを見てみたかったなぁと思ったり思わなかったり皆様も訪れる際には計画を立てて是非とも楽しい観光をっ‼それでは本日はこの辺で。

タイ【バンコク旅行】歴史的な寺院や遺跡を巡り激安美食グルメを楽しむAmazingな旅‼

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました